Follow Us @soratemplates

2017年12月3日日曜日

運動神経が悪いと思い込んでいる人にこそ!『走る魅力を考える』

「運動神経が悪いから」と、スポーツを避けていませんか?「運動神経が悪い」という思い込みと「運動が嫌い」とは違うんです。



『走る魅力を考える』
マラソンを始めて10年以上が経ちました。10キロからフルマラソンまで、年間10大会ほど出場しています。少しでも多くの人に走る魅力を伝えることが出来たなら。
とは言っても、私は ただの一般主婦ランナー。プロ選手でも有識者でも華々しい記録を持っているわけでもありません。10年を超えて走り続けてきた中で体験したことをもとに素人目線で考えや思いを綴ります。


社会人となった娘を、私の通っているヨガの体験に連れて行ったときのこと。
事前アンケートで、娘がジムに通っている事を知ると、「走ったりしているんですね。じゃあ運動神経もいいんですね」と言われました。私と娘は同時に「いやいやいや...」と即、否定。

だって娘は小学校の頃から体育が苦手。休日に体育館に連れて行ってバトミントンをしても、卓球をしても、テニスの壁打ちに行っても、上手く出来なくて。

生まれて初めてラケットを持った3歳年下の息子の方が あっという間に上手くなり...
だからずっと「運動神経が悪い」と思っていたんです。

でも私が走っている影響で(私が走り始めて痩せていくのを一番身近で見ていたこともあり)、ダイエット目的もあって趣味で走り始めて数年が経過。

今年の初めには二人で旅行を兼ねて海外マラソンを楽しんできました。
先程のアンケートの際も「スポーツが好き」と答えてくれました。

うれしかった。運動が嫌いにならなくて良かった。それと同時に考えました。

「運動神経が悪い」って思ってしまうのは小学校の体育の時が多いですよね?そして、そう思ってしまうと、その後ずっと「運動が嫌い」となってスポーツを拒否してしまう。もったいない。

ランナー仲間の中でも、ずっと「運動が苦手」だったという話を よく耳にします。でも走れる自分を見つけて、出来ないと思っていたことが自分にも出来ると気付いて、楽しくなって走り続ける。


『走る』だけなら、自分の好きな時間に出来るし、一人でも出来るし、道具もいらないから お金もかからない。


体育での球技は苦手だったかもしれません。誰かと比べて自分の方が劣っていたから「運動神経が悪い」と思い込んでしまったのかもしれません。でも、一人で走っていれば他人と比べる必要なんてありません。自分のペースでいいんです。


「運動神経が悪いから」と、スポーツを避けている人にこそ、走ってみてほしい。

痩せてダイエットにもなるし、気分転換でストレス解消にもなるし、達成感を味わって自己満足😊 少しづつ走り始めてみませんか?