Follow Us @soratemplates

2017年12月9日土曜日

走るのは苦しい?キツイ?イメージチェンジ!『走る魅力を考える』

「走るのは苦しいから嫌」「少し走っただけでキツイ」う~ん。残念。走るイメージを変えましょう!無理せず、ゆっくり。


『走る魅力を考える』
マラソンを始めて10年以上が経ちました。10キロからフルマラソンまで、年間10大会ほど出場しています。少しでも多くの人に走る魅力を伝えることが出来たなら。
とは言っても、私は ただの一般主婦ランナー。プロ選手でも有識者でも華々しい記録を持っているわけでもありません。10年を超えて走り続けてきた中で体験したことをもとに素人目線で考えや思いを綴ります。

【「走る」イメージを変えましょう】

私の友達の中にも「走るのは苦しいから嫌」という人、挑戦してみたけど「少し走っただけでキツイ」と やめてしまう人がいて、中々 走る魅力に気付いてもらえません。残念。
どちらも原因は同じ。速く走り過ぎていることです。

きっと「走る」というイメージは全速力なんですね。小学校の徒競走のイメージ?
速く走ると心臓がドキドキ、ドックンドックンしますから、そりゃあキツイです。
実は私もスピード練習の日は、走り始めるまで憂鬱です 😊

そう。だから、心臓がドックンドックンしないように、無理せず、ゆっくり走ればいいんです。
みんな「走る」イメージが悪すぎます。 
「走る」イメージを ゆっくりのんびりに変えてみてください。

ゆっくり走った方がダイエットにも いいんです。

【脂肪燃焼】

ゆっくりと走る有酸素運動では炭水化物と脂肪の両方がエネルギーとして使われるそうです。速く走る無酸素運動になると、脂肪が使われる割合が減っていき、かなりきつい全力走では脂肪燃焼が0%になってしまう!

だからダイエットに脂肪を燃焼するためにも ゆっくり走りましょう!会話できるくらいの速さがいいと言われています。

でもこれが中々 難しいんです。ついつい速く走ってしまいがち。音楽を聴いたり、景色を眺めたりしながら走るといいですね。

【頑張り過ぎない】

もう一つ、走るのを やめてしまう理由に頑張り過ぎることがあります。
走り始めた その日に遠くまで走って、ヘロヘロ。それじゃあ嫌になりますよね。
最初は15分くらいから、ウォーキングの合間に 少し走ってみる程度でもOKです。

【モチベーション】

今はランニング用のウエアやシューズもカラフルで可愛いものが たくさんありますよね。
モチベーションを上げるために、好きな音楽を聴きながら走るのもいいですが、お気に入りのウエアやシューズを用意して楽しみを見つけるのもいいですね。



長続きのコツは、無理をしないこと、頑張り過ぎないこと。少し足りないと思うくらいでいいんです。ゆっくりのんびりのイメージで少しづつ走り始めてみませんか?