Follow Us @soratemplates

2017年11月26日日曜日

アトランティスはナイキだった!「陸王」こはぜ屋のライバル社

日曜劇場「陸王」に出てくる、こはぜ屋のランニングシューズ『陸王』。ライバルとなるのは「RⅡ」のアトランティス社。実在するとすれば それはナイキ!


「陸王」おもしろいですね。マラソンを始めて10年以上となる私も興味津々。毎週 録画して見て、毎週 感動して泣いてます 😊

ランニングシューズの『陸王』。実在するのか話題になっていますね。
原作者の池井戸潤さんが、埼玉県行田市の「きねや足袋株式会社」を取材したことから、ドラマの「こはぜ屋」は「きねや足袋株式会社」では?と言われています。

その「きねや足袋株式会社」の作るランニング足袋が『きねや無敵』。

これこそ『陸王』!として、現在、品切れ状態のようです。


ランニング足袋『きねや無敵』


【アトランティスは?】


ライバル『RⅡ』のアトランティス社は どこなのでしょう?
それが、11月28日 10時からテレビ東京で放送予定の「ガイヤの夜明け」で、わかっちゃうんです!



”陸の王者を目指せ!”として、埼玉県行田市の「きねや足袋株式会社」が出演します。
その中で、「そこに現れた巨大なライバル」として、はっきりとナイキのシューズが出ているのです!わぉ!


【ナイキ ランニングシューズの歴史】


ナイキのシューズは陸上よりもバスケットボールのシューズのイメージが強かったので、ナイキのランニングシューズについて調べていたところ、ありました。

すごいです。このサイト。

ナイキエアの天才的なんだけど奇妙な歴史 | ギズモード・ジャパン



ほぅほぅ。

1987年に出た、ナイキ初のエア搭載シューズ「エア・テイルウインド」はホノルルマラソン向けに開発されたんですね!

「Air Max1」、「Air Max2」。ドラマにも「R1」、「R2」が出てきますね!


ベアフットランニングというのは裸足で走るもので、『きねや無敵』を監修した高岡尚司氏は裸足日本一最速ランナーと呼ばれているそうです。フルマラソン裸足記録は2時間45分。速っ。



【ミッドフット走法】

ドラマに「ミッドフット走法」が出てきますね。
ドラマ「陸王」が始まって以来、ランナーの中では、この「ミッドフット走法」にすれば故障がなくなるのかと話題になり、取り組んでいる方も多いと思われますが・・・

ちょっと待って、先出のサイトが書かれたのは2015・12・2となってます!

そして、本文中には「10年前のベアフットランニングブームも一段落し・・・」と。 古くから、故障なしに走り続けるための走り方やシューズは永遠の課題となっているわけです。結論は「自分の足と走りに合うものをしっかり探すことが大事」と。そりゃそうです。ごもっとも。


『陸王』が実在し、こはぜ屋が「きねや足袋株式会社」だとすれば、こはぜ屋のライバル社アトランティスはナイキです!

ドラマの中では今のところ、アトランティス社は悪者扱いなんですけど・・・大丈夫なんでしょうか?悪者のまま終わることは ないと思われますので・・・今後の展開も楽しみになりますね 😊




【追記】
最終回も おもしろかったですね。アトランティスのピエール瀧さん一人が悪者になってしまったような気もしますが・・・。
最終回の最後には既にDVDとBlue-rayが3月30日に発売決定とありました。

更に、お正月の箱根駅伝では、ドラマ「陸王」で走り方を指導した原 晋監督の率いる青山学院大学が優勝し、「これをもって、陸王は、正真正銘の有終の美」とのメッセージも。

更に更に!第8回ロケーションジャパン大賞では埼玉県行田市で撮影されたドラマ『陸王』が、支持率部門で特別賞を受賞しました!

LOCATION JAPAN.net

まだまだ陸王ブームが続きそうです


【続くライバル関係】

実はライバル関係も まだ続いています。
ドラマ「陸王」でランニング足袋シューズが人気となりましたが、その一方でナイキもクッション性を重視した厚底のランニングシューズを発売。

大迫傑選手がナイキのシューズで福岡国際マラソンを走り、日本歴代5位となる2時間7分19秒のタイムでゴール。

箱根駅伝往路で優勝した東洋大学もナイキのシューズだったんです。

現実に、ドラマ『陸王』の こはぜ屋とアトランティスの戦いが まだ続いています!