Follow Us @soratemplates

2017年11月23日木曜日

平成最後の朝ドラ?北海道十勝が舞台「夏空」ヒロインは広瀬すずさん

NHK2019年度前期の連続テレビ小説(朝ドラ)が、北海道十勝を舞台にした『夏空』に決まりました。ヒロインは広瀬すずさん。



【放送日】

放送は2019年(平成31年)の4月から9月。全156回の予定です。
ということは?もしかして?
北海道新聞によると、今日現在(2017年11月23日)、『天皇陛下の退位日を2019年4月30日とし、翌5月1日に皇太子さまが新天皇として即位、改元する案が最有力』とのことなので、平成最後の朝ドラになる可能性が高いのですね。
「平成」からスタートし、ドラマ途中で新元号に変わり、新元号初の朝ドラとなりそうです。


【あらすじ】

”1946年(昭和21年)初夏、戦争が終わり、奥原なつは養女として北海道十勝の酪農家族の元に連れて来られ、複雑な環境で育つ。小学校でアニメ映画の魅力を知り、感動。高校生になり絵を描く仕事に就きたいと思うようになるが、養父は牧場を継ぐことを望んでいて・・・”


【連続テレビ小説100作目】

ヒロインの奥原なつ役は広瀬すずさん
「戦災孤児」「北海道」「アニメーション」という3つのキーワードを持つ遠大な物語を演技力とリアリティーをもって演じられる女優は広瀬すずさんしかいないと考えていたところに連続テレビ小説100作という節目も重なり、決定したそうです。




【十勝晴れ】

十勝は年間を通じて雨雪が少なく、晴天の日は十勝晴れと呼ばれます。
『夏空』は、そんな ”十勝の青空のような、すがすがしい なつ の生きざまを描いたドラマ”とのこと。

十勝観光連盟さんもFacebookで、かなり驚きと喜びと期待感を味わっているようです😊



十勝観光連盟公式サイト「とかち晴れ」


ロケも これからですね。まだ少し先ですが、今から楽しみです。