Follow Us @soratemplates

2017年10月30日月曜日

箱根観光してきました(1)お得な箱根フリーパスで乗り放題 

箱根は見どころがたくさん!箱根ロマンスカー、箱根登山電車、箱根ケーブルカー、箱根ロープウェイに乗って富士山の見える芦ノ湖へ。そして箱根海賊船にも。北海道札幌からの経路も綴ります!


新千歳空港から羽田へ。そこから箱根まで どうやって移動しようか迷いました。
一番簡単に行けるのは箱根湯本エアライナー。これなら乗り換えなしで羽田空港から箱根湯本まで約150分で行けちゃいます。
ですが、1日2本しかなく、午前中は8時台。これには札幌から出発した当日は間に合いません。次の便だと空港で待っている時間が勿体ない。早く観光に行きたい。どうしよう?そこでまず、お得なチケットを。

【箱根フリーパス】

このチケットは箱根登山電車、箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェイ、箱根登山バス、そして箱根海賊船などを2日間(3日間)何回でも乗り降り自由。
さらに新宿から、箱根近くの小田原までの小田急線の往復代も含まれているのです。
フリーパスを見せることで お土産が割引になったり、割引料金で入場できる施設もあります。なのでまずは この箱根フリーパスを利用することに。
金額は新宿から2日間有効で大人5140円、小人1500円。

箱根フリーパス詳細 


【リムジンバス】

箱根フリーパスを利用することに決定。あとは羽田空港から新宿まで行けばいいということに。この経路は色々あると思うのですが、何しろ荷物もあるし、乗り換えも不安。そこで私は羽田空港から新宿までのリムジンバスを利用しました。
羽田空港から各地へのリムジンバスは たくさんありますが、新宿行は乗り場5番です。

リムジンバス詳細
私の場合、事前に調べていた発車時刻の3分程前にリムジンバス乗り場に到着。羽田空港発の便は予約が出来ないため、乗り場にある自動券売機でチケットを購入。既に その時間は満席となっていて、次の発車時刻のチケットを購入しました。
でもまだ発車時間になっていなかったので5番乗り場に行ってみると、係りの方が声を掛けてくれて、「よろしければ1本早いバスに御案内出来ますが」と。発車直前に乗車。ラッキー!

実はディズニーランドに行く際のリムジンバスを使ったとき、空席がある場合こういうチャンスがあるのを知っていたのです。早く行きたいときは諦めずに乗り場に並んでみてくださいね!

【箱根ロマンスカー】

リムジンバスで新宿駅西口に到着。さて どっちに行けば・・・ウロウロ。
現地の方に声を掛けて聞いてしまいました。横断歩道を渡って小田急百貨店の方に向かえば、小田急線新宿駅がわかります。

ここで箱根フリーパスを購入。私は箱根ロマンスカーに乗車してみることに。ロマンスカーに乗る場合はフリーパス以外に特急券代が追加になるので購入。座席指定になり、窓側なども選べます。
実はロマンスカーの予約をネットで済ませていたのですが、発車時刻の15分前までに購入しないとキャンセル扱いになってしまうのです。私は遅れてしまい、改めて購入。

改札後、ホームにも特急券を購入する機械があるので、空席がある場合は そこで買っても間に合います。ちなみに私が行ったときは空席も たくさんありました。


車内では お弁当なども買えますが、種類が少ないので私は事前に駅弁を購入。旅行気分を味わえる雰囲気の車内で駅弁を頂きました。


ロマンスカー詳細
http://www.odakyu.jp/romancecar/

【箱根宿泊】

箱根と言っても広いので宿泊先に迷います。私は各地に繋がる交通機関のある箱根湯本の宿を選びました。これは正解でした。箱根湯本からは箱根各地にアクセスできました。


私が宿泊したのは箱根水明荘別館POSADA。シングルのみ、食事なしですが、目の前にある箱根水明荘本館の温泉に入浴可能でリーズナブルです。
歴史のある建物ですが、24時間利用できる大浴場と、それとは別に男女入れ替え制の露天風呂「月見の湯」があります。こちらは開放感があって雰囲気がとても良く、お薦めです。

チェックインの15時前でしたが、荷物を預かってもらい、観光へ出発。又、翌日チェックアウト後も荷物を預けて観光に行きました。箱根湯本駅から徒歩2分なので本当に便利。

箱根水明荘詳細
http://www.suimeisou.com/

【箱根登山電車、箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェイ、箱根海賊船、箱根登山バス】

私が箱根に向かった日は晴天だったのですが、翌日は雨の予報。とにかく1日目で これら全部の乗り物を制覇しようと考えました。


・箱根湯本~強羅 <箱根登山電車>

電車内は ほぼ外国人観光客。私の乗った車両は満員でしたが日本人は10人いたかどうか。
箱根登山電車は急な斜面を一度に上ることが出来ないため、スイッチバックを3回行うのですが、その説明や景色の情報などは全部 日本語のみ。これは おかしいですよね?是非、海外から来た観光客の為の対応を お願いしたいと思いました。

・強羅~早雲山 <箱根登山ケーブルカー>

乗っている時間は短いのですが、待ち時間が長かったです~。

・早雲山~大涌谷~桃源台 <箱根ロープウェイ>

火山ガスの濃度が高くなると、ロープウェイが休止になります。口と鼻を覆うためにウェットティッシュが配られるほど。
大涌谷で乗り換えがあるのですが、1日目は時間がなかったので降りて観光せず、もくもくと立ち上る噴気を見ながら乗り継ぐだけに。翌日 行こうとしたら、ガス濃度が高くロープウェイも休止になって行くことが出来ませんでした。黒玉子食べたかった。残念。

ロープウェイから富士山が見えると、「おぉ」と歓声が上がりました。一度上ったロープウェイが富士山を見ながら降下していきます。


・芦ノ湖 <箱根海賊船>

ロープウェイを降りたら芦ノ湖です。箱根海賊船最終便は16時半。ギリギリの最終便に間に合いました。




船内で のんびりすることも出来ますが、デッキから景色を楽しむことも出来ます。デッキの風は冷たく、防寒が必要です。ちょうど夕陽の沈むシャッターチャンスでした。


海賊船は桃源台港、元箱根港、箱根町港を結んでいます。私は元箱根港で降りて箱根登山バスで箱根湯本に戻りました。乗り継いで芦ノ湖まで行くのには とても時間がかかりましたが、登山バスで帰ると早いです。


札幌から出発して1日目で、箱根フリーパスをフル活用し、まずは箱根名物の乗り物を制覇することが出来ました。平日の午後だったのですが、混雑していてテーマパークの乗り物待ちの気分。ゆっくり写真を撮る余裕がありませんでした。まだ紅葉には少し早かったのですが、紅葉した景色は きっと素晴らしいだろうと思います。でも もっともっと混雑するのでしょうね。

2日目の様子は また次回。

【追記】
箱根観光してきました(2)箱根ガラスの森美術館と箱根駅伝ミュージアム

こちらの記事もあります
箱根駅伝選手からの感動を きっかけに!『走る魅力を考える』